ホーム 宮日からのお知らせ

AR「動く写真」をスタートしました

2016年6月29日
 宮崎日日新聞社は、新聞の新しい楽しみ方を提案しようと、スマートフォンやタブレット端末で紙面の写真が動き出すAR(拡張現実)を導入しました。

20160521-top_03.jpg

紙面の「PictuAR」マークのついた写真を撮影するとARがスタート

 無料の専用アプリを使い、特定の紙面写真を撮影すると、動画や紙面に載っていない写真のスライドショー、地図関連のインターネットページなどを見ることができます。動画に関連する音声を聞くこともでき、より臨場感が加わります。紙面を入り口に、読者の方々を小さな別世界へ誘う仕掛けです。

以下の説明をお読みいただき、20160526-icon.jpg印がついた掲載写真で「動く新聞」を体験してください。


20160521-android.gif
アンドロイド アプリダウンロード
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.nttcom.imagebasedar.artaiken&hl=ja
※対応機種一覧も記載されています。


20160521-ios.gif
iOS アプリダウンロード
https://itunes.apple.com/jp/app/pictuar/id499195508?mt=8

※ARアプリが利用可能なスマートフォン、タブレットの機種はAndroidOS 2.3.3以上、iOS7 以上です。ただし、機種によっては動作しない場合もあります。
動作確認を行っている機種は以下で公開されています。

動作環境
動作確認を行っている端末であっても、設定状態、他アプリのインストール状況により動作できない場合があります。従来型携帯電話(ガラケー)では利用できません。

使ってみよう!


20160526-top_01.jpg

1.端末の「PictuAR」のアイコンをタップして、ARアプリを起動

20160526-top_02.jpg

2.起動メニュー画面で「撮影画面」ボタンを押します。

20160526-yoko.jpg

3.メニュー画面で「撮影画面」ボタンを押すと撮影画面が表示されます。紙面の写真を撮影

20160526-yoko02.jpg

4.数秒の認識処理後、成功すると画面内で動画が再生

①アプリを上記方法でダウンロードしてインストール後、端末の「PictuAR」のアイコン20160526-icon.jpgをタップして、起動してください

②起動メニュー画面で「撮影画面」ボタンを押してください

③「撮影画面」ボタンを押すと、撮影画面が表示されます。カメラマークのボタンを押して認識対象の写真(PictuARのマーク20160526-icon.jpgがついた写真)を撮影してください


④数秒の認識処理後、認識に成功すると写真が動き出します(端末の「戻る」ボタンで撮影画面に戻ります)。画面内の動き出した部分をタップすると全画面で動画が再生されます

■注意■
 対象画像が手振れや光影の映り込みで上手く撮影できなかった場合や、電波状況が悪い場所では正しく動作しない場合があります。その際は撮影をやり直してください。

 ご利用の端末によっては、アプリが正常に動作しない場合がありますので予めご了承ください。

 ARアプリで撮影してから動画が再生されるまでに、動画サイズ、通信回線状況によりますが、5秒程度かかります。

■ARとは■
 Augmented Realityを略した言葉で、「拡張現実」と和訳されます。実際に見えているもの(例:紙面の掲載写真)にデジタル情報(例:動画やスライドショー、音声、インターネット上のサイト)を重ねて表示し、現実の世界を広げる技術です。 スマートフォンが普及し、多くのARアプリが開発され、カーナビやゲーム、エンターテイメント分野でも利用されています。



このほかの記事

過去の記事(月別)