ホーム 県内のニュース

3男児はねられ1人重体 宮崎市

2016年11月15日

 15日午後5時40分ごろ、宮崎市大塚町にある大淀川沿いの市道で、横断歩道を渡っていた宮崎市の男子小学生3人が、国富町嵐田、パート海老原奈月さん(23)の軽乗用車にはねられた。3人は同市内の病院に搬送されたが、小学2年生の男児(8)が頭を強く打ち、意識不明の重体。別の2年生男児(8)は額を切るけがで、3年生の男児(9)は右足を骨折する重傷。2人は意識があり、命に別条はないという。


 県警交通企画課や宮崎南署によると、同日午後5時45分ごろ、「子どもがはねられた」と110番通報があった。現場は片側1車線の市道で、横断歩道に信号はない。直線で見通しは良いが、街灯はなく、事故当時は日没後で暗かったという。


(全文は16日付朝刊または携帯サイトで)

【写真】小学生3人がはねられた横断歩道で現場検証する捜査員=15日午後、宮崎市大塚町の市道

このほかの記事

過去の記事(月別)