ホーム 県内のニュース

串間署員拳銃自殺 巡査部長、交番仮眠室で

2017年3月15日

 14日午後6時10分ごろ、串間市西浜1丁目の串間署福島交番で、同署地域交通課の男性巡査部長(36)が頭から血を流して倒れているのを、署員が発見した。巡査部長はその後に死亡が確認された。右手に自分の拳銃を持っていたことから、県警は自殺を図ったとみて、詳しい状況や動機を調べている。


(全文は15日付朝刊または携帯サイトで)

このほかの記事

過去の記事(月別)