ホーム 県内のニュース

県北部で大雪 国道218号一部通行止め 高千穂

2018年1月10日

 県内は10日、強い冬型の気圧配置により、山沿いを中心に雪が降り、北部は大雪に見舞われた。宮崎地方気象台によると、午前11時時点の積雪は高千穂町で3センチを記録。大雪の恐れは夜にかけて続くため、注意を呼び掛けている。


 高千穂署によると、国道218号は午後2時現在、高千穂町押方から熊本県境まで通行止めとなっている。五ケ瀬町の津花トンネル付近では車数台が立ち往生している。


(全文は11日付朝刊または携帯サイトで)

このほかの記事

過去の記事(月別)