ホーム 県内のニュース

新燃岳、火山性微動継続 空振伴う地震も

2018年3月6日

 霧島連山・新燃岳(しんもえだけ)(1421メートル)は5日も活発な噴火活動が続き、振幅の大きな低周波地震が発生し、空振も観測した。火山性地震も多く、火山性微動も継続。福岡管区気象台によると、噴煙の状況は天候不良のため不明だが、噴火は同日午後9時時点では続いているとみられる。


(全文は6日付朝刊または携帯サイトで)

このほかの記事

過去の記事(月別)