ホーム 県内のニュース

旧都城市民会館、返還へ 貸借契約の南九州学園

2018年3月14日

 南九州大学などを運営する宮崎市の学校法人南九州学園(長谷川二郎理事長)は13日、改修し利用するとして2009年4月に都城市から20年間無償貸与されていた旧同市民会館の返還を市に申し入れた。同大学都城キャンパス開学に絡み同市から会館改修費を含む20億円の補助を受けていたものの、新キャンパスの施設整備費が膨らみ、改修が困難になった。市は受け入れる方針だが、解体や保存などの方向性を含め池田宜永市長が8月にも最終判断する。


(全文は14日付朝刊または携帯サイトで)

【写真】都城市から20年間の無償貸与を受けていた南九州学園が返還を申し入れた旧都城市民会館=13日午後、都城市八幡町

このほかの記事

過去の記事(月別)