ホーム 県内のニュース

長江川白濁続く 硫黄山噴火が原因か

2018年4月24日

 霧島連山・硫黄山(1317メートル)を源流とするえびの市の長江川では、23日も噴火による硫黄などの噴出が原因とみられる水の白濁が続いた。現時点で健康被害などの報告はないが、農業用水としている地域もあり、作物の成育への影響を懸念する声も上がっている。


(全文は24日付朝刊または携帯サイトで)

【写真】硫黄山からの泥で濁った長江川と噴火の影響を受けなかった長谷川。合流地点は2色に分かれている=23日午後、えびの市東長江浦

このほかの記事

過去の記事(月別)