ホーム 県内のニュース

県連盟会長が辞任 政治資金流用で引責か

2019年6月9日

 保育カンパ金や公費である委託費の政治資金流用問題で、問題の中心となっている自民党系政治団体・県保育推進連盟(県連盟)の会長が辞任していたことが8日、分かった。県連盟を巡っては、政治団体として無届けで活動していたことや不透明な資金管理の状況が相次いで発覚しており、関係者からは引責辞任との見方も出ている。


(全文は9日付朝刊または携帯サイトで)

このほかの記事

過去の記事(月別)