ホーム 県内のニュース

キオビエダシャク注意 宮崎市で被害相次ぐ

2019年8月5日
 生け垣や庭木として植えられているイヌマキ(ヒトツバ)などを食い荒らすガの一種「キオビエダシャク」の食害報告が宮崎市で相次いでいる。繁殖力が強く、同市では約10年前に民家などのイヌマキが枯死する被害が続出。市は薬剤噴霧器を貸し出すなどして注意を呼び掛けている。

(全文は朝刊または携帯サイトで)

【写真】イヌマキなどの葉を食べるキオビエダシャクの幼虫=宮崎市学園木花台南3丁目

このほかの記事

過去の記事(月別)