国内外ニュース

戸籍副本を個人番号と連携 9月にも法制審諮問へ 

2017年08月02日12時17分
 マイナンバー制度の戸籍での利用について検討している法務省の有識者研究会が、同省が管理している電子化された戸籍の副本情報とマイナンバーとの連携を提案する最終報告書をまとめたことが2日、分かった。法務省はこれをたたき台に、9月にも法制審議会(法相の諮問機関)に戸籍法改正を諮問する方針。

 政府は2015年6月に決定した成長戦略で、戸籍へのマイナンバー制度適用拡大の検討を進め、19年通常国会をめどに法制上の措置を講じるとしている。

 戸籍は1994年以降、各自治体が電子化してきたが、過去の除籍などは画像データで管理されていることが多く、当面連携の対象としない。

全国のニュース