国内外ニュース

党首討論19日に開催、1年ぶり 老後2千万円巡り攻防へ 

2019年06月12日17時15分
 立憲民主党の辻元清美国対委員長は12日、与党が提案していた19日の党首討論開催に応じる意向を自民党の森山裕国対委員長に伝えた。党首討論は昨年6月以来で約1年ぶり。今国会では初となる。95歳まで生きるには夫婦で2千万円の蓄えが必要と試算した金融庁金融審議会の報告書問題などを巡って、安倍晋三首相と立民の枝野幸男代表ら野党党首が攻防を繰り広げる。自民は、野党が求める衆参両院の予算委員会開催は拒否した。

 森山氏は辻元氏と国会内で会談。2千万円問題を受け衆参両院の予算委を早急に開催するよう求めた野党5党派の申し入れに「難しい」と回答した。