国内外ニュース

1歳長男衰弱死で懲役5年、岩手 「子育て意識低い」 

2018年12月13日18時03分
 1歳9カ月の長男に十分な食事を与えず自宅で衰弱死させたとして、保護責任者遺棄致死罪に問われた岩手県花巻市、元会社員高舘拳被告(25)に、盛岡地裁は13日、懲役5年(求刑懲役6年)の判決を言い渡した。

 判決理由で中島経太裁判長は「亡くなる直前の約3日間は食べ物を全く与えなかった。自分だけ実家で食事をし、外出して知人と遊んだ。子育てへの意識、責任感の低さは厳しい非難に値する」と指摘。一方で「長男を憎んでおらず暴力行為はなかった」とした。

 判決によると、被告は当時同県北上市で2人暮らしだった長男優人ちゃんに十分な食事や水分を与えず、全身機能障害で死亡させた。

全国のニュース