国内外ニュース

豚コレラ拡散で防疫作業、愛知県 出荷元養豚場で 

2019年02月11日18時02分
 愛知県は11日、5府県に広がった豚コレラの起点となった同県豊田市の養豚場で、殺処分した死骸の埋却などの防疫作業を進めた。12日に終える見通し。

 県は感染拡大の恐れがあるとして、この養豚場から3~10キロ圏の6養豚場と食肉処理場に圏外への出荷を禁じている。作業が順調に進めば、国と協議し来月2日午前0時に制限を解除する。

 豊田市の養豚場の出荷先がある愛知県田原市と長野、岐阜、滋賀の3県での防疫作業は既に完了した。死骸の埋却場所の選定などが難航し、殺処分が遅れた大阪府では作業が続いている。
【写真】 愛知県豊田市の養豚場で進む防疫作業=11日午後