国内外ニュース

沖縄米軍機騒音で集団提訴 2基地、差し止めは求めず 

2019年12月02日19時23分
 米軍嘉手納基地(沖縄県嘉手納町など)と普天間飛行場(同県宜野湾市)の周辺住民が、航空機の騒音被害に対する損害賠償を国に求め、それぞれ那覇地裁に集団で提訴したことが2日、原告側への取材で分かった。11月30日付で、飛行差し止めは求めていない。

 原告側代理人によると、嘉手納の周辺住民110人が計約1億2700万円、普天間周辺の102人が計約7100万円を請求。従来の判決の賠償基準額では不十分として、額を引き上げるよう求めている。

 原告の大半は、これまで騒音被害訴訟に加わっていない住民という。