国内外ニュース

党大会で改憲条文案の提示困難 自民、方向性示すにとどめる 

2018年03月13日13時14分
 自民党の竹下亘総務会長は13日の記者会見で、細田博之憲法改正推進本部長が憲法9条などの改憲条文案を25日の党大会に示すのは困難だとの認識を示していると明らかにした。党大会には、改憲の方向性を示す形にとどまるとみられる。

 竹下氏は12日に細田氏と会談。細田氏は「条文案まで決めるのはなかなか難しいが、大きな方向性を党として決め、党大会で報告しなければいけない」と述べたという。

 自民党は、憲法9条への自衛隊存在明記のほか、緊急事態条項、参院選「合区」解消、教育の充実の4項目に関し、党改憲案の策定を進めている。

全国のニュース