国内外ニュース

日本の科学論文が6%減少 国別2位から4位に転落 

2017年08月10日18時09分
 2013~15年に発表された日本の科学技術系の論文数が、10年前から6%減少し、国別で2位から4位に転落したことが、文部科学省科学技術・学術政策研究所の調査で10日までに分かった。上位の10カ国で論文数が減ったのは日本だけ。同研究所は、論文出版の主役である大学で、研究費確保が難しくなっているのが低迷の要因とみる。

 日本や欧米など主要国にある大学や研究機関が、03~05年と、13~15年にそれぞれ出した論文数を年平均で比較した。

 日本は03~05年に約6万8千件だったが、13~15年は約6万4千件と6%減少した。

全国のニュース