国内外ニュース

米、次世代ロケットが開発遅れ NASA、費用1兆円に 

2018年10月11日10時41分
 【ワシントン共同】月や火星に人や物資を運ぶため、米航空宇宙局(NASA)が航空宇宙機器大手ボーイングに委託して開発を進める次世代大型ロケット「SLS」について、NASA監察官室は10日、計画の遅れから総額は予算を約30億ドル(3400億円)上回り、1兆円近くに達する恐れがあると発表した。

 報告書は、ボーイングが期待した成果を出していないと厳しく批判。NASAも管理能力に欠けていたとして、改善を求めた。

 NASAは、当初17年12月としていた無人のSLSの初打ち上げを20年半ば、21年半ばを目指していた有人宇宙船の打ち上げを22年半ばまでに延期している。
【写真】 次世代大型ロケット「SLS」の想像図(NASA提供・共同)

全国のニュース