国内外ニュース

原発の40年超運転「問題ない」 東海第2認可で規制委員長 

2018年11月07日19時38分
 原子力規制委員会の更田豊志委員長は7日の定例記者会見で、40年の運転期限となる日本原子力発電東海第2原発(茨城県東海村、停止中)の運転延長を認可したことについて「(設備の)経年劣化で言えば、40年という時間で著しく問題があるとは考えていない」と述べた。

 一方、規制委庁舎で認可書を受け取った原電の和智信隆副社長は、再稼働を地元自治体に認めてもらう事前同意手続きに関し「安全対策工事と(自治体との)協議を並行して進める」と述べた。現在進行中の工事は2021年3月に完了予定で、再稼働はそれ以降となるが、具体的な時期は見通せていない。
【写真】 記者会見する原子力規制委員会の更田豊志委員長=7日午後、東京都港区

全国のニュース