国内外ニュース

島根原発に適切な指導要望 規制庁へ溝口県知事 

2018年11月08日15時04分
 島根県の溝口善兵衛知事は8日、原子力規制庁で安井正也長官と会談し、中国電力島根原発2、3号機(松江市)の稼働に向けた審査について「適切な指導」などを要望した。会談後に記者団の取材に応じた溝口氏によると、安井氏は「現地調査を行うなど、安全確保のために厳格な審査を行っている」などと応じたという。

 溝口氏は、2、3号機の審査結果を県民や周辺自治体に説明することも要請。一方、廃炉作業の進む1号機については、使用済み核燃料や放射性廃棄物が適切に管理されるように、規制庁が確認することを求めた。
【写真】 原子力規制庁の安井正也長官(右)に要望書を手渡す溝口善兵衛島根県知事=8日、東京都港区

全国のニュース