国内外ニュース

台風5年、比で犠牲者しのぶ 6300人死亡 

2018年11月08日18時45分
 【タクロバン共同】フィリピンで死者6300人、行方不明者1061人に上った2013年の台風30号の上陸から5年となった8日、中部レイテ島タクロバンや南隣のパロなど被災地で、遺族らが墓参したり追悼行事を開いたりして犠牲者をしのんだ。

 暴風雨と高さ6メートルに達した高潮で壊滅的被害を受けたタクロバンでは遺族らが朝から郊外の集団墓地を訪れた。5人の孫を連れてきたリディア・ラロガルさん(55)は警備員だった夫のレイナルドさん=当時(63)=を亡くした。「5年たち、ようやく現実を受け入れられてきた」と気丈に話したが、白い十字架の前に座ったまま離れようとしなかった。
【写真】 8日、フィリピン・パロの大聖堂で墓に花を手向ける女性(共同)

全国のニュース