国内外ニュース

韓国側、開城工業団地の再開要求 米朝再会談での扱い注目 

2019年02月11日20時42分
 【ソウル共同】韓国と北朝鮮の経済協力事業、開城工業団地の稼働中断から10日で3年が経過したことを受け、工場などを運営していた韓国企業でつくる「非常対策委員会」は11日、ソウルの国会議員会館で集会を開き、早期再開などを求める声明を発表した。

 北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は1月の新年の辞で、同団地などを無条件で再開する用意があると述べた。今月27、28日にベトナム・ハノイで予定される米朝首脳再会談で、北朝鮮が求める非核化進展への「相応の措置」として再開の問題が扱われるかどうか注目されている。
【写真】 開城工業団地の早期再開を求める「非常対策委員会」のメンバーら=11日、ソウルの国会議員会館(共同)