ホーム HAPPYNEWS 東村さん(宮崎市出身)マンガ大賞

HAPPYNEWS

東村さん(宮崎市出身)マンガ大賞 「かくかくしかじか」

2015年3月25日掲載

「マンガ大賞2015」の授賞式で喜びを語る東村アキコさん=24日、東京・有楽町

 全国の書店員や漫画ファンらが昨年1年間で最も薦めたい作品を投票で選ぶ「マンガ大賞2015」(同賞実行委主催)は24日、宮崎市出身の漫画家、東村アキコさん(39)=東京都=の「かくかくしかじか」に決まった。

 受賞作は東村さんが漫画家として活躍するまでを振り返る自伝エッセー作品。宮崎市でスパルタ美術教室に入門した主人公の林明子が、しごかれながら美術大学へと進学、先生との心温まる交流を重ね、プロ漫画家へと羽ばたいていく物語だ。本県にまつわる地名なども多数登場する。集英社の月刊誌「Cocohana」に12年1月号から15年3月号まで連載。コミックスは全5巻を刊行している。

 同賞は、マンガ好きの書店員有志らが08年に創設し、今年で8回目。過去にはヤマザキマリさんの「テルマエ・ロマエ」(10年)、荒川弘さんの「銀の匙 Silver Spoon」(12年)など、実写映画化された作品も選ばれている。東村さんの作品は過去4回、候補作に挙がっていた。

 24日、都内であった授賞式で東村さんは「まさかこんなことになるとは。宮崎の良い風景をいっぱい描きました。故郷でもたくさんの人に読んでほしい」と喜びを語った。

 東村さんは宮崎西高出身。金沢美術工芸大を卒業後、1999年に「フルーツこうもり」で漫画家デビュー。代表作「ひまわりっ~健一レジェンド~」でも本県が舞台の一つとなった。2014年からみやざき大使を務めている。