【評】瞬間的なスナップ写真と対照的に、写真を想定し手順を追いながら作り上げている。写真プリントの天地を逆にしたことで歩道が垂直に見え、トリッキーな動きの影と相まって不安定な構図がいい。作品を見た瞬間は疑問に包まれ、カラクリを理解するまでの時間を楽しませるのも魅力だ。脇本さんの多くの作品は、シャッターを押すまでの構想に時間を費やし、写真表現の可能性を感じさせる。(写真部次長 沼口啓美)