【評】見続けた風景の記憶やイメージを心の中で再生し、具体的な作品として表現している。実験的な試みだが納得させる内容だ。思考する写真を目指す写真家の山崎博氏は「こたつに入っても写真は撮れる」と語る。身近な光景を、作品として昇華させてきた寺原さんの撮影スタイルを言い当てている。思いや感情を記録するのも写真だ。シリーズ化してほしい。(写真部次長 沼口啓美)