【評】田野町などで見られる大根干しは、冬の風物詩の一つ。朝日でオレンジ色に染まった空のグラデーションや大根の輝きなど、反逆光をうまく捉えている。しっかりと主役を定め、思い切った構図で撮影されていて、人物の動きも良い。やぐらの横のラインで静寂感も増している。コントラストが高く絵画的な作風になった。(写真部次長 中島雅隆)