【評】熊本県の高森峠は桜の名所。撮影スポットとしても有名で多くのカメラマンたちが足を運ぶ。しかし、桜の木が小さく昼間に行くと期待はずれ。作品は薄暮の時間帯に撮影されているので、そのマイナス部分を隠し、美しい桜の情景を表現できている。車の赤い光跡が途切れていないのも見逃せない。横撮影なので、もう少し左右どちらかを入れてトリミングすると、広がりを出せたと思う。(写真部長 中島雅隆)