【評】太陽の逆光と川面からの反射を上手く捉えている。無数のゴーストでソフトフォーカスの効果が出ていて、ノスタルジック漂う雰囲気を強調できている。運転席の蒸気機関士のシルエットが、この作品の価値を高めているのも見逃せない。撮影現場はたくさんのカメラマンが押し寄せ、仕方なく陣取った場所での撮影のようだが、慌てず冷静にシャッターが切れている。光兼さんの経験と知識の豊富さがうかがえる作品だ。(写真映像部長 中島雅隆)