【評】今月は、例年よりホタルを被写体にした作品が多かった。ホタル写真の面白さは「静と動」の混在だろう。薄暗い背景に不規則に動くホタルの光跡をどのようにとらえることができるか。そして、自身の独創性をどこまで表現できるかで作品の価値は上がっていく。作品の中央に社を入れた構図で「静」を強調し、無数のホタルの光跡によって「動」を表現したアンバランスさが面白い作品になっている。 (写真部長 中島雅隆)