【評】長時間露光で波が霧のようになった。奥の方は雲海のように見え、幻想的な世界を醸し出している。国道の街灯を利用し、ホワイトバランスを調整して独自の色味を出しているのも効果的だ。波は高速シャッターを切れば荒々しくなり、長時間露光で撮影すれば穏やかで静寂な雰囲気が表現できる。ピントも岩場にしっかり合わせているので、画面が引き締まって見える。(写真部長 中島雅隆)