【評】コンパクトカメラに備わっているシーンモードを使用している。オート機能に興味がなかったが、自己表現するのに面白い機能であることを思い知らされた。色合いとトリミングがいいので雑然の中にまとまりがある。鉄が破壊されくずになり、さび付き風化していくはかなさを感じ取れる。(写真部次長 中島雅隆)