【評】神楽の勇壮な舞を躍動的に捉えた。人間や動物は上下に動くので流し撮りは難しい。舞い手の動きにうまく合わせることができた。流し撮りの場合、背景の見極めが重要だが、この作品はシンプルにしたことで主題が引き立っている。(写真部次長 中島雅隆)