【評】マクロの世界は自宅の庭でも十分楽しめ、肉眼では分からない無限の小宇宙が表現できる。波打ったゴーヤーのつるにリズムがあって、色味もきれいに表現できている。この手の作品は絞りの設定に迷うが、わずかな距離の差でピンぼけになってしまう。トリミングが広めなので右端の水滴はカットして、少し絞り込んだ方が水滴の中の黄色い花たちが強調できたと思う。(写真部次長 中島雅隆)