【評】舞台撮影は、最良の撮影場所の確保とカメラ操作の熟知、演者の動きを的確に画角に収める反射神経が必要だ。また、アップにするのか背景を生かして広く撮るのか、一瞬のひらめきが作品の独創性を生み出す。被写体ブレを起こしそうな撮影データではあるが、集団の動きが止まった瞬間を見事に切り取っている。演者の表情や肌の質感など美しい仕上がりになった。(写真部長 中島雅隆)