【評】薄氷越しの屈託のない少女の笑顔に癒やされる作品だ。大胆な構図で撮影し、目元にしっかりピントを合わせているので、見る人の視線も集中する。作者の表現したいものが率直に伝わってくる。ピンクの手袋も良いアクセントになって作品の価値を高めている。日常生活の中で起こり得る場面にレンズを向け作品にすることは地味な作業ではあるが、確実に写真の技量を高めることができる。(写真部長 中島雅隆)