【評】ステージのダンサーを被写体にすると撮影場所が制限され、作者の独創性を表現するのは難しい。最良の撮影位置の確保とカメラ操作の熟知、演者の動きを的確に画角に収める反射神経、一瞬のひらめきが作品の価値を高める。被写体ブレを起こしそうな撮影データではあるが、ダンサーの大きな動きにもかかわらず、顔のピントが的確でブレも見られない。表情や衣装の質感なども美しく表現され、撮影技術の高さを感じる。(写真部長 中島雅隆)