【評】甘美な世界を迎えようとしているハスのつぼみが初々しく撮られている。葉の穴から撮ったとある。アウトフォーカスされ微妙に変化する緑青色に包まれた、無垢(むく)な桃色の花弁が優しく小さな世界をつくっている。周辺の状況を省略したアイデアと、望遠レンズで狙った思いきりの良さが作品を生んだ。(写真部次長 沼口啓美)