【評】自作の「宙玉(そらたま)」と言われる特殊レンズでの撮影。作者が持つ世界観を表現できている。玉の中の被写体の鮮明度が少し足りない。もともとピント合わせが難しいと思うが、感度を上げてでも1、2段階ほど絞り込んだ方が良いだろう。(写真部次長 中島雅隆)