【評】何機の飛行機の光跡が写り込んでいるのだろうか。4機ぐらいは確認できたが、それ以上かもしれない。長時間露光の撮影だが、光をうまくコントロールして美しい仕上がりになった。その日、その時間にならないと分からない飛行ルートを探し、作品に仕立てるには相当な時間を要したと思う。(写真部長 中島雅隆)