【評】アジサイとアマガエル。この時季にぴったりの被写体だ。よほど居心地がいいのだろうか、近づいても逃げそうにない。ピントを的確に合わせ、絞りを開放気味にして背景をきれいにぼかしているので、主役が引き立っている。構図もいいので素直に見られる作品だ。 (写真部長 中島雅隆)