【評】長時間露光でケヤキの幹の質感や繊細な枝ぶりなど美しく表現されている。作者が感じた部分を強調するソフトフィルターの使用も成功している。樹木が発する生命力が見る人を引きつけるのだろう。被写体の魅力を感じ取る敏感さも必要だ。(写真部長 中島雅隆)