【評】中野さんは毎回、美しい色合いの作品を応募してくる。自身のテーマの一つなのだろう。大判カメラならではの繊細なところまで、きれいに表現できている。(写真部次長 中島雅隆)