【評】上空に伸びる火柱の先に色とりどりの光を放つ花火とのコラボを画面いっぱいに入れ迫力が増した。初めて訪れた会場で、しかも一発目の花火でこれだけの作品に仕上げるのだから、技量は相当なものだと思う。(写真部長 中島雅隆)