【評】地面全体をかわいらしいピンクの「シレネ」が覆い尽くしている。樹木と自身の影を入れ、近づく春の訪れを全身で受け止めたいのだろうか。撮影の時間帯もあるが、もっと花が輝いていればシルエットがはっきり表現できたと思う。(写真部長 中島雅隆)