【評】地元の秋祭りの一こま。観衆から浴びせられる水を物ともせず、神殿に向かうみこしの担ぎ手たち。高速シャッターで切っているため、四方に飛び散る細かな水しぶきが表現でき、力強さを演出している。(写真部次長 中島雅隆)