【評】乗客たちのそれぞれの思いを乗せた飛行機が着陸しようとしている。空港に降り立ち日没とともに旅は終わりを告げるのだろうとたそがれたドラマを想像させる。河野さんは、素晴らしいロケーションを見つけ、被写体の構成がよくシルエットもきれいに仕上げた。(写真部次長 中島雅隆)