【評】雨上がりのイルミネーションは撮影に向いている。人は少ないし、その時しか見られない光景がある。石畳に反射した虹色のグラデーションが美しい作品だ。しかし、画角が広すぎる。作者自身が表現したい所を明確にするためにも、もっと大胆に切り取っていいだろう。(写真部長 中島雅隆)