【評】マクロの世界は自宅で気軽に楽しめ、肉眼では分からない無限の小宇宙が表現できる。雫(しずく)の中の花に的確にピントが合い、美しい仕上がりだが、位置が悪いので安定感に欠ける。時間をかけられる被写体なので、いろいろ試してみよう。(写真部長 中島雅隆)