【評】半逆光をうまく捉え、明るく春らしい雰囲気が表現されている。絞りを開放気味にして、背景をぼかしているので主役が引き立っている。カメラを持つ左手が玄人っぽく見え、「天才写真家現る」と言ったところか。見る人を癒やしてくれる作品だ。(写真部長 中島雅隆)