【評】写真の難しさが如実に出ている。技巧に走り過ぎると自意識過剰で説得力がなくなり、安易に撮れば撮影者の感情が表現できない。作品は前者。難しい光線での露出選択や、構成の完成度は高い。この手法で撮り続けていくと、新たな世界が極められるだろう。(写真部次長 沼口啓美)