共同通信PRwire

デジタルメディアが査読済みジャーナル出版・普及のためのコスト効率の高いプラットフォームとして登場

デジタルメディアが査読済みジャーナル出版・普及のためのコスト効率の高いプラットフォームとして登場

AsiaNet 74117 (1112)

デジタルおよびソーシャルメディアが査読済みジャーナル出版・普及のためのコスト効率の高いプラットフォームとして登場

【ロンドン2018年6月25日PR Newswire=共同通信JBN】
*Pulsusの最高経営責任者(CEO)であるスリヌバブ博士は、購読型学術出版ジャーナルや引用索引サイトは徐々に消えつつある、と語る

世界では今、オンライン接続が増え、アーカイビング、引用索引、データマイニング、検索および調査された情報の迅速な配布が促進されているため、オープンアクセス出版(https://www.omicsonline.org/open-access-publishing-groups.php )の人気が高まっている。オープンアクセス出版では、毎年100万本の論文が作成され、2万5000人-3万人が雇用されている。研究者の10%が毎年、オープンアクセス出版に加わり、現在550万人もの著者がオープンアクセスフォーラムに寄稿しているため、オープンアクセスフォーラムを取り入れている研究者と著者の数は、徐々に追い付きつつある。学術研究者や科学者がオープンアクセスジャーナルから関連情報源を入手し、購読型出版・引用索引サイトが徐々に消えていることから、オープンアクセス出版が今後、最も有利な出版モデルであり続けることには疑問の余地がない。

Logo - https://mma.prnewswire.com/media/544592/PULSUS_Logo.jpg

WHO、EMBL、NIH、Welcometrustなど大半の資金提供機関は、資金提供した研究をオープンアクセスジャーナルに公開することを義務付けた。書籍などの出版物から成る250億ドル相当の出版市場のうち、科学・技術・医学(STM)科学ジャーナル(https://www.omicsonline.org/scientific-journals.php )だけで2016年には120億ドルを占めている。購読型STMジャーナル市場は2016年に80億ドル(2014年は125億ドル)に急減する一方、オープンアクセスSTMジャーナル出版は2017年に9億ドルに達した。これらの研究者は毎年250万本の論文を作成しており、査読済み論文の本数(https://www.omicsonline.org/peer-reviewed-journals.php )と研究者数のCAGR(複合年間成長率)は10%に増大した。PulsusおよびOmics International(https://www.omicsgroup.org/ )の最高経営責任者(CEO)であるスリヌバブ・ゲデラ博士(http://www.thehansindia.com/posts/index/Andhra-Pradesh/2018-06-19/Food-processing-has-bright-future-CEO/390368 )は「この状況から見て、コスト効率の高いデジタルメディアやジャーナル/論文メトリクスを科学界に役立てることが急務である」と語った。

オンラインのデジタルメディアの出現は、ジャーナル・インパクトファクターよりもむしろ論文インパクトファクター/論文メトリクスを優先することにより、今日の科学出版シナリオを全面的に変えた。ある論文のインパクトは、その論文に対するクリック、閲覧、ダウンロード、シェア、「いいね!」、オンライン反応の回数や査読済みジャーナルでの引用回数でカウントされる。スリヌバブ・ゲデラ博士(https://www.thehindubusinessline.com/news/scientific-publisher-omics-scripts-major-expansion-plans-1000cr-investment/article10035789.ece)は、Scholarlyのほか、ResearchGate、LinkedIn、GoogleScholarを含む専門ネットワークプラットフォーム、FacebookやTwitterのようなソーシャルメディアプラットフォームは論文のインパクトファクターを強化する上で重要な役割を果たしている、と述べた。

▽Pulsus Groupについて
Pulsus Groupは健康情報科学および健康医療サービス企業である。PULSUSはシンガポールに本社を構え、Pulsus-London(ロンドン)(https://www.pulsus.com/contactus.html )、Pulsus-Chennai(チェンナイ)、Pulsus-Gurgaon(グルガオン)、Pulsus Visakhapatnam(ビシャカパトナム)、Pulsus-Hyderabad(ハイデラバード)(https://www.omicsonline.org/pulsus-hyderabad.php )のオフィスに5000人余りを雇用している。

▽問い合わせ先
contact@pulsus.com
+1-650-268-9744

ソース:Pulsus Group